脱うつ・パニック卒業! 薬に頼らない【45日】ステップメール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

新刊 安西ひろこさん推薦

Be-B(和泉 容)さん 推薦

医学博士・医師 推薦  ロングセラー・ベストセラー

紀伊國屋書店さんにて 出版トークライブ講演会

yahooニュース掲載

【∇メディア掲載多数】

大分 カウンセリング 

あなたを癒す 心の治療家に出会う本/現代書林

全国の『心の治療家1O人の中のスペシャリスト 1人』として、当代表は選ばれています。

もういやだ! この疲れた心を休め、甦らせてくれる心の専門家/三楽舎

書籍「脱・引き寄せの 法則ワークブック」

大分 パニック障害

Amazon第1位(部門) べストセラー第1位達成

大分 カウンセリング
大分 カウンセリング

セラピー専門誌発行25年老舗有名雑誌で紹介

大分 心療内科 カウンセリング 催眠

【∇スクール最新情報】

◎2日間で2つの国際水準レベルの催眠療法士のプロ資格が取得できる!! 米国IHF(国際催眠連盟)/ITT0(国際セラピートレーニング協会)認定スクール校

【∇満員御礼!!】   ヒプノセラピーセミナー

【大分 EFTセミナー】

催眠療法の世界的権威 Dr.ニーヴス博士から直接、催眠療法・NLPの確かな知識・技術を学んでいます!!

催眠療法の世界的権威Dr.ニーヴス博士と当オフィス代表撮影
催眠療法の世界的権威Dr.ニーヴス博士と当オフィス代表撮影

セラピー本場イギリスの

最先端セラピーも受けられます!

マトリックス・リインプリンティング創始者のカール・ドーソン氏と撮影
マトリックス・リインプリンティング創始者のカール・ドーソン氏と撮影

【当サイトは優良サイトに認定されています】

大分 カウンセリング
大分 カウンセリング
大分 カウンセリング
大分 カウンセリング

来院される地域

大分 心療内科

大分 精神科

 

ヒプノセラピー 福岡

福岡 ヒプノセラピー

 

北九州 ヒプノセラピー

催眠療法 北九州

 

大分 ヒプノセラピー

ヒプノセラピー 大分

 

大分 催眠療法

催眠療法 大分

 

大分 催眠術

大分 催眠術セミナー

 

大分 願望実現セミナー

 

大分 カウンセリング

大分 マインドフルネス瞑想法

 

大分 アダルトチルドレン

 

大分 レイキ伝授

 

 

九州 ヒプノセラピースクール

 

大分 心理カウンセラー養成講座

大分 心理カウンセラー養成講座 

  

大分市 別府市 湯布院

臼杵 庄内 安心院 

宇目 湯布院 豊後高田

竹田 杵築 佐伯 宇佐

玖珠 日田 日出 蒲江

 

福岡 北九州

佐賀 宮崎

鹿児島 長崎

沖縄 熊本

愛媛 香川

山口 広島

岡山 兵庫

大阪 名古屋

東京 千葉 神奈川

富山 石川 岐阜

和歌山 京都 

北海道 釧路 札幌

仙台 埼玉

カウンセリング対応

 

パニック障害

不安 緊張 あがり症

赤面恐怖 恐怖症

対人恐怖 

過敏性腸症候群(IBS)

うつ病 トラウマ

PTSD

強迫性障害

セックスレス

心因性ED

アダルトチルドレン

性の問題

その他の心身の問題

 

 

コミュニケーションの重要事項とは?

 

大分 カウンセリング ヒプノセラピー専門のカウンセラーの弥永です。

 

 

私はこれまでに多くの方のカウンセリングを大分で行ってきました。

 

 

 

カウンセリングをする時に大切にしているのは

クライアントからのフィードバック(相手の反応)です。

 

ここで重要なことは、

 

 

コミュニケーションとは・・・・

 

 

相手の解釈の反応の結果=(イコール)あなたの取ったコミュニケーションの全てである”

 

ということです。

 

 

あなたはこのような経験はないですか?

 

 

自分がとっても面白いと思った映画を人に勧めたら、その人の反応はあまり・・・という反応

 

が帰ってきた。

 

 

なぜ このようなことが起こるのでしょうか?

 

価値基準がみな違うからです。

 

 

そして、同じ映画を見ても、人により情報の解釈の仕方が違うのです。

 

 

この情報の解釈は、脳の中で認知の歪曲・一般化・省略などが起こります。

 

これをメタ認知と呼びます。

 

 

視覚から取り入れた認知や刺激を、脳内で処理する時に

 

歪曲、一般化・省略などの自分なりの解釈で現実を見ています。

 

 

 

 

 

 

 

 一般化、歪曲化、省略された言葉を質問によって、

 

情報を集め、言葉の意味を明確にし、制約を認識させ、選択の可能性を広げる目的で行うのが

 

カウンセリングの手法のひとつでもあります。

 

 

 

 

簡単に言うと、

 

 

物事を見る時にも人は、自分の解釈の色眼鏡で物事を見て

 

自分の解釈で、理解するということです。

 

 

だから、同じものを見ても、100人いれば、100通りの感想が違うということが起こるわけです。

 

 

 

 

もし、あなたが相手と会話するときに

 

 

自分が伝えた言葉がどのように相手に伝わり、解釈されたのか?

 

これを知ることが、コミュニケーションで重要になってきます。

 

 

言語パターンの分析は、LABプロファイルなどが詳しいですが、

 

 

 

 

私はカウンセリングしているときに、必ず相手に

 

このように伝えます。

 

 

「〇〇さん、いまのお話は、〇〇〇〇〇〇だ。というように私は解釈しましたが、

 

それでよろしいでしょうか?」

 

 

この一言があると、相手の脳内の世界と私の認知を共有するために

 

ズレがなくなります。

 

 

あなたもコミュニケーションで悩まれているのならば、

 

相手の解釈が、自分の伝えたい内容とズレているから

 

 

うまく会話ができないのかもしれない。

 

 

ということに気付いてみるだけでも

 

効果があります。

 

 

是非 日常の人間関係で使ってみて下さいね。