脱うつ・パニック卒業! 薬に頼らない【45日】ステップメール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

新刊 安西ひろこさん推薦

Be-B(和泉 容)さん 推薦

医学博士・医師 推薦   ロングセラー・ベストセラー

紀伊國屋書店さんにて 出版トークライブ講演会

yahooニュース掲載

【∇メディア掲載多数】

大分 カウンセリング 

あなたを癒す 心の治療家に出会う本/現代書林

全国の『心の治療家1O人の中のスペシャリスト 1人』として、当代表は選ばれています。

もういやだ! この疲れた心を休め、甦らせてくれる心の専門家/三楽舎

書籍「脱・引き寄せの 法則ワークブック」

大分 パニック障害

Amazon第1位(部門) べストセラー第1位達成

大分 カウンセリング
大分 カウンセリング

セラピー専門誌発行25年老舗有名雑誌で紹介

大分 心療内科 カウンセリング 催眠

【∇スクール最新情報】

◎2日間で2つの国際水準レベルの催眠療法士のプロ資格が取得できる!! 米国IHF(国際催眠連盟)/ITT0(国際セラピートレーニング協会)認定スクール校

【∇満員御礼!!】   ヒプノセラピーセミナー

【大分 EFTセミナー】

催眠療法の世界的権威 Dr.ニーヴス博士から直接、催眠療法・NLPの確かな知識・技術を学んでいます!!

催眠療法の世界的権威Dr.ニーヴス博士と当オフィス代表撮影
催眠療法の世界的権威Dr.ニーヴス博士と当オフィス代表撮影

セラピー本場イギリスの

最先端セラピーも受けられます!

マトリックス・リインプリンティング創始者のカール・ドーソン氏と撮影
マトリックス・リインプリンティング創始者のカール・ドーソン氏と撮影

【当サイトは優良サイトに認定されています】

大分 カウンセリング
大分 カウンセリング
大分 カウンセリング
大分 カウンセリング

来院される地域

大分 心療内科

大分 精神科

 

ヒプノセラピー 福岡

福岡 ヒプノセラピー

 

北九州 ヒプノセラピー

催眠療法 北九州

 

大分 ヒプノセラピー

ヒプノセラピー 大分

 

大分 催眠療法

催眠療法 大分

 

大分 催眠術

大分 催眠術セミナー

 

大分 願望実現セミナー

 

大分 カウンセリング

大分 マインドフルネス瞑想法

 

大分 アダルトチルドレン

 

大分 レイキ伝授

 

 

九州 ヒプノセラピースクール

 

大分 心理カウンセラー養成講座

大分 心理カウンセラー養成講座 

  

大分市 別府市 湯布院

臼杵 庄内 安心院 

宇目 湯布院 豊後高田

竹田 杵築 佐伯 宇佐

玖珠 日田 日出 蒲江

 

福岡 北九州

佐賀 宮崎

鹿児島 長崎

沖縄 熊本

愛媛 香川

山口 広島

岡山 兵庫

大阪 名古屋

東京 千葉 神奈川

富山 石川 岐阜

和歌山 京都 

北海道 釧路 札幌

仙台 埼玉

カウンセリング対応

 

パニック障害

不安 緊張 あがり症

赤面恐怖 恐怖症

対人恐怖 

過敏性腸症候群(IBS)

うつ病 トラウマ

PTSD

強迫性障害

セックスレス

心因性ED

アダルトチルドレン

性の問題

その他の心身の問題

 

 

眠れないあなたへ

 

大分 カウンセリング ヒプノセラピー専門カウンセラーの弥永です

 

 

うつの方の9割近くは、不眠を訴えます。

早朝覚醒といって、朝方、目が覚めてから寝付けないとか、

眠りに入るまでが時間がかかるとか、
眠っていても、満足のいく深い眠りを感じられないなど、

 

嫌な夢を見てしまう・・・など



日本人の5人に一人は睡眠障害で悩んでいます。

 



そこで、お酒を飲んで寝るという方法があるのですが、
深い睡眠に入れないというデメリットがあります。

 

 

ノンレム睡眠(脳の休息)が短くなる傾向があり

あまりお勧めではありません。

 

 

また レム睡眠→身体の休息

ノンレム睡眠→脳の休息を

入眠中は90分置きに人間は繰り返す これを「1単位」として

 

レム睡眠 ノンレム睡眠を4〜5回繰り返します。

 

睡眠とは時間よりも質なんですね。

 

脳の休息(ノンレム睡眠)の深さが良質な睡眠になります。

 

しかし、鬱になるとこの深さが乱れてきたりします。

 

イヤな夢を何度も見たり、何度も目が覚めたり

 

なかなか寝付けなかったり、朝早く目が覚めたり

 





やはり自然に眠れることが健康とうつには一番いいんですね。

 

その間に脳の休息をとり、脳の可塑性(脳細胞が再生していく)

 

という理想的な状態が起きます。


なぜ眠れないのか?



この疑問にお答えすると、人間の神経系は活動神経とリラックス神経
の二つをその時の状況に応じて、優位に切り替えているんです。

これが自律神経というものなんですね。



うつやパニック障害などになると自律神経が正常に働かなくなって
しまうことが多く



本来であれば、静かな落ち着いた安全な自分の部屋などでは
リラックス神経に切り替わるのですが、その状況でも



うまくリラックス神経に切り替われない
日中の活動神経が優位になっているまま



これがひとつの原因なんですね。




よく眠れるようになると、脳も働くようになる
ので、ボーッと頭が働かないとか、
体が重いなどの症状も軽減してくるんです。




その為には自然に眠れるようになることが
一番大切なんです。




高ぶっている活動神経をリラックス神経に切り替える
その方法は、


・アロマ(ラベンダー・カモミールなど鎮静作用のある香を焚く)

・ロウソクの明かりをボッーと眺める

・呼吸法を行う。(息を吐くときに口をすぼめて、いつもの3~4倍の速度で
 ゆっくりと息を吐き出していく)

・ジャズやクラッシック・リラクゼーション用のテンポのゆっくりな
 音楽を聴く

・ぬるま湯のお風呂にゆっくりと浸かる。

・自分で体をマッサージする。

・難解な本を読んでみる(笑)


などが一般的ですが、もっと効果的なのは




 『寝る前にホットミルクを飲む』


 これですね。


 牛乳というのはたんぱく質ですが、分解されてトリプトファンという
 アミノ酸になるんですね。

 人間が寝るためには、脳内ホルモンである「メラトニン」という
 分泌が必要になってきます。

 このメラトニンは、トリプトファンから作られるんです。

 ですから、寝る前にホットミルクは『天然睡眠薬』なんです。


 それと『眠らなくても構わない・・・・』と思うことが
 逆に眠らなきゃ・・・・と思う気持ちを楽にするという
 ことがあります。

 ホットミルクを飲んだら、眠くなる・・・・と
 自分自身に暗示をかけるのもいいと思います。