◆自宅で聴きながら好きな時に【心理セラピー】が受けられる教材CDセラピー発売しました。

お勧め教材 売れ行き1位
お勧め教材 売れ行き1位

ハウス ウェルネスフーズ

の睡眠の質を向上する
機能性表示食品「ネルノダ」のローソン限定〈朗読キャンペーン〉で、          声優の『水樹奈々さん』と

『梶裕貴さん』の朗読

  

による「スグ効くおやすみ絵本」(東邦出版)の朗読快眠オーディオブックが聴けるキャンペーンに、私が書いた絵本が採用されました。

◇主な著書

韓国にて海外翻訳 7刷

韓国翻訳版

3刷 中国・台湾翻訳

台湾翻訳版

4刷 4万部

台湾版(中国語)

児童専門家・児童大学教授・医学博士・小児科医・専門小児科医師・臨床心理士・助産師・看護師・台湾親子ベストセラー作家 8名総合推薦!!

PHPスペシャル(PHP研究所)に執筆しました。

紀伊國屋書店さんにて 出版トークライブ講演会

yahooニュース掲載

【∇メディア掲載多数】

Amazon第1位(部門) べストセラー第1位達成

大分 カウンセリング
大分 カウンセリング

催眠療法の世界的権威 Dr.ニーヴス博士から直接、催眠療法・NLPの確かな知識・技術を学んでいます!!

催眠療法の世界的権威Dr.ニーヴス博士と当オフィス代表撮影
催眠療法の世界的権威Dr.ニーヴス博士と当オフィス代表撮影

セラピー本場イギリスの

最先端セラピーも受けられます!

【当サイトは優良サイトに認定されています】

大分 カウンセリング
大分 カウンセリング
大分 カウンセリング
大分 カウンセリング

来院される地域

大分 心療内科

大分 精神科

 

ヒプノセラピー 福岡

福岡 ヒプノセラピー

 

北九州 ヒプノセラピー

催眠療法 北九州

 

大分 ヒプノセラピー

ヒプノセラピー 大分

 

大分 催眠療法

催眠療法 大分

 

大分 催眠術

大分 催眠術セミナー

 

大分 願望実現セミナー

 

大分 カウンセリング

大分 マインドフルネス瞑想法

 

大分 アダルトチルドレン

 

大分 レイキ伝授

 

 

九州 ヒプノセラピースクール

 

大分 心理カウンセラー養成講座

大分 心理カウンセラー養成講座 

  

大分市 別府市 湯布院

臼杵 庄内 安心院 

宇目 湯布院 豊後高田

竹田 杵築 佐伯 宇佐

玖珠 日田 日出 蒲江

 

福岡 北九州

佐賀 宮崎

鹿児島 長崎

沖縄 熊本

愛媛 香川

山口 広島

岡山 兵庫

大阪 名古屋

東京 千葉 神奈川

富山 石川 岐阜

和歌山 京都 

北海道 釧路 札幌

仙台 埼玉

カウンセリング対応

 

パニック障害

不安 緊張 あがり症

赤面恐怖 恐怖症

対人恐怖 

過敏性腸症候群(IBS)

うつ病 トラウマ

PTSD

強迫性障害

セックスレス

心因性ED

アダルトチルドレン

性の問題

その他の心身の問題

 

 

多くは語らないが、この本の内容を必要な人は多くいる。

 

なぜなら、精神科医や薬剤師、心療内科医、臨床心理士

 

には、離脱症状についての実際のサポートを行った経験

 

がある人物は限りなくいないに等しい。

 

 

しかし、この本は絶版の上、再販の可能性は0に等しいだろう。

 

幻の名作である。

 

 

病院・クリニックに行って、薬を飲んでるのになぜ

 

なかなか治らないの?

 

 

あなたはもう何年も同じ時間帯に、待合室に来ている患者を

 

 

 

 

 

 

知っているかもしれない。

 

 

 

もしかすると顔見知りになっているのかもしれない。

 

 

 

いつもあの席にいる中年の女性

 

スーツを着た時折、携帯の画面を見ている若いサラリーマン

 

雑誌を読んでいるあの若い女性

 

 

では、治るのなら、なぜ何年も心療内科クリニックの待合室に同じ顔ぶれの

 

 

メンバーがいるのか?

 

 

 

 

 

なぜ、治るのなら、薬が増えるのに伴って

患者数は減らなければならないのに 増えているのか?

 

下表の『抗うつ薬の売り上げと患者数のグラフ』を見てほしい。

  

私の著書 『心の病の治し方』 P54ページから抜粋

表グラフは、2010年11月6日の読売新聞から、抜粋

①なぜ 何年も同じ患者が待合室にいるのか? 『治る』のなら『いない』はずである

 

②なぜ、薬と患者の数は比例傾向なのか? 

 薬が良くするのならば、薬を出すと、患者数は減らなければならない

 

この①ー②上記の疑問に対して、

 

一度も疑問に思ったことがないと、胸を張って言える人は少ないだろう。

 

 

 

(私の所に来ているクライアントの大半は、

 

心療内科に通っていることをそのように話す

 

そして、私自身も心療内科に勤めていたので

 

よく知っているのだ。

 

現状を誰よりも。)

 

 

あなたは少なからず、気づいているバズだ。

 

あるいは、見て見ぬフリをしているのではないか?(しかし、あなたのために、現実は知るべきだ)

 

 

何か 私の文章を読んで、こころにひっかかるものがあるならば、

 

あなたはこの文章を一番下まで、読むことになるだろう。

 

 

 

 

だから、私のホームページをくまなく読んで良くなる手がかりを探している

 

 

そうではないだろうか?

 

 

あるいは、眉唾といった思いで、読んでいるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

だけども、私のホームページ上にある私が書いたコンテンツを

 

読んだとしても、あなたに損失はないはずである。

 

 

あなたは別に いま 持っている何かを失うわけではない。

 

TVを見る時間のほんの一部の時間を失うかもしれないが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

私のカウンセリングやセラピーを受ける、受けないなどはこの際問題ではない。

 

私は別にあなたに私の提供するセラピーを受けてほしいとは望まない。

 

 

私のセラピーははっきり言って高額だ。

 

皆が受けられるということはないことは承知しているつもりだ。

 

ただ、疑問に思ってほしいのである。

 

 

それがいつの日か、あなたを救うことになるかもしれない。

 

 

 

 

そんな先見の目があって、非常に賢くて、毎日を懸命に誠実に生きている

 

 

 

 

 

あなたの為に私はこの記事を書いている

 

 

 

 

あなたが本気でそう思っているのなら、

 

私からお伝えできることがあるとするのならば・・・・

 

 

精神科は今日も、やりたい放題」 /牛久東洋医学クリニック院長 内科医

 

内海 聡 /出版社 三五館 定価1300円十税

 

をぜひ 読んでほしい。

 

 

いつも通っている馴染みの本屋で、漫画や雑誌を買うついでに、注文してもらえば

いいのだ。

 

取り寄せになるかもしれない。

 

あるいは、ネットのアマゾンや楽天などでも、注文すれば、早くて翌日にはあなたに届く。

 

 

 

 

 

 

お金がないというのなら、図書館で借りてほしい。

 

 

 

それなら、あなたの出費は事実上 0円 無料である。

 

 

私もお金がないときは、勤労学生として、月2万3千円で暮らした。

 

 

 

本を買うお金などあるわけがない。

 

 

また、私が学生の頃、ネットなど存在しなかった。

 

 

 

 

図書メンバーカードはボロボロになり、三回ほど新しいカードを再発行してもらった。

 

毎日、読みたい本を、図書館に新しく入れてもらうリスト用紙に書いて

 

司書の人に渡した。

 

 

 

 

本が図書館になければ、図書司書に「この本を入荷してください」と頼むだけだ。

 

あなたがすることはたった二つ程度の簡単な行動だ。

 

 

本を手に入れたら、それを読む。

 

実にシンプルだ。

 

 

そして あなたのその行動以上に見合った何十倍もの付加価値が

あなたの将来の財産になる。

 

 

 

 

あなたの疑問が晴れ渡った青空のように解消されるだろう。

 

 

心理セラピーは受けないけど、先生に一度 相談ならしてみたい!!

 

 

 

 

この記事を読んでいるあなたが、

 

 

『私は一体、、、これから どうすればいいの?』

 

いまの自分に合った適切な専門家としての助言を期待しているのなら、

 

 

 

そんなあなたのために下記のサポートを用意した。

 

いま あなたがどんなに遠くに住んでいても、日本国内であれば

 

このサポートは受けることができる。

 

 

 

1人で悩まないで、チャンスはつかんでほしい。

 

何かを変えるために、大切なことは初めの一歩を踏み出す勇気

 

この行動こそが、あなたの人生を変えていくのである。

 

 

考えてみてほしい。

 

 

何もあなたが行動を起こさないで、もし家で寝ていたら、

 

明日 何かが変わるだろうか?

 

 

 

 

変化が訪れる時とは、勇気を出して行動した時だけである。

 

 

初めの一歩を踏み出して、メールを今すぐに送る

 

 

※遠方・外出できない方のために、

 

 メールカウンセリング相談・電話・スカイプ相談を有料で受け付けています。

 ご希望の方は、

(料金を確認ください)

 

当オフィスは医療機関ではないため、薬の断薬・減薬は医師との相談により行うべき

ものです。私自身があなたの内服薬について提唱・提言することはありませんし、

そのような権利は私にはありません。

 

すべては、クライアント様の自由意思に基づくものです。

相談という形でしたら、受け付けております。