脱うつ・パニック卒業! 薬に頼らない【45日】ステップメール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

新刊 安西ひろこさん推薦

Be-B(和泉 容)さん 推薦

医学博士・医師 推薦  ロングセラー・ベストセラー

紀伊國屋書店さんにて 出版トークライブ講演会

yahooニュース掲載

【∇メディア掲載多数】

大分 カウンセリング 

あなたを癒す 心の治療家に出会う本/現代書林

全国の『心の治療家1O人の中のスペシャリスト 1人』として、当代表は選ばれています。

もういやだ! この疲れた心を休め、甦らせてくれる心の専門家/三楽舎

書籍「脱・引き寄せの 法則ワークブック」

大分 パニック障害

Amazon第1位(部門) べストセラー第1位達成

大分 カウンセリング
大分 カウンセリング

セラピー専門誌発行25年老舗有名雑誌で紹介

大分 心療内科 カウンセリング 催眠

【∇スクール最新情報】

◎2日間で2つの国際水準レベルの催眠療法士のプロ資格が取得できる!! 米国IHF(国際催眠連盟)/ITT0(国際セラピートレーニング協会)認定スクール校

【∇満員御礼!!】   ヒプノセラピーセミナー

【大分 EFTセミナー】

催眠療法の世界的権威 Dr.ニーヴス博士から直接、催眠療法・NLPの確かな知識・技術を学んでいます!!

催眠療法の世界的権威Dr.ニーヴス博士と当オフィス代表撮影
催眠療法の世界的権威Dr.ニーヴス博士と当オフィス代表撮影

セラピー本場イギリスの

最先端セラピーも受けられます!

マトリックス・リインプリンティング創始者のカール・ドーソン氏と撮影
マトリックス・リインプリンティング創始者のカール・ドーソン氏と撮影

【当サイトは優良サイトに認定されています】

大分 カウンセリング
大分 カウンセリング
大分 カウンセリング
大分 カウンセリング

来院される地域

大分 心療内科

大分 精神科

 

ヒプノセラピー 福岡

福岡 ヒプノセラピー

 

北九州 ヒプノセラピー

催眠療法 北九州

 

大分 ヒプノセラピー

ヒプノセラピー 大分

 

大分 催眠療法

催眠療法 大分

 

大分 催眠術

大分 催眠術セミナー

 

大分 願望実現セミナー

 

大分 カウンセリング

大分 マインドフルネス瞑想法

 

大分 アダルトチルドレン

 

大分 レイキ伝授

 

 

九州 ヒプノセラピースクール

 

大分 心理カウンセラー養成講座

大分 心理カウンセラー養成講座 

  

大分市 別府市 湯布院

臼杵 庄内 安心院 

宇目 湯布院 豊後高田

竹田 杵築 佐伯 宇佐

玖珠 日田 日出 蒲江

 

福岡 北九州

佐賀 宮崎

鹿児島 長崎

沖縄 熊本

愛媛 香川

山口 広島

岡山 兵庫

大阪 名古屋

東京 千葉 神奈川

富山 石川 岐阜

和歌山 京都 

北海道 釧路 札幌

仙台 埼玉

カウンセリング対応

 

パニック障害

不安 緊張 あがり症

赤面恐怖 恐怖症

対人恐怖 

過敏性腸症候群(IBS)

うつ病 トラウマ

PTSD

強迫性障害

セックスレス

心因性ED

アダルトチルドレン

性の問題

その他の心身の問題

 

 

私から大分 心理オフィス インナーボイスのカウンセリング

の直筆の感想文

I・M様 女性・職業パート勤務 24歳 福岡県福岡市

主訴 過去のトラウマによる情緒不安・うつ傾向・恐怖感・不安感

カウンセリング開始前は実家で、外に出ないで過ごしていた

母親の薦めで、来所するも、催眠療法に期待感は0の状態。

 

〔私から一言〕

 

I・Mさんは、福岡県博多区から、二週間に一度、大分まで毎回 特急ソニックや高速バス

 

に乗って、行き帰り往復4時間をかけて、通ってきていただいた。

 

(当初は、家族が車で、送り迎えをしていたが、三回目から、本人が一人で大分に来るようになる)

 

 

結果は、4回で完治した。

 

 

精神医学には完治という概念がないのだが、私のセラピーでは

起こりうる可能性がある言葉であり、大変興味深い。

 

どのように本人が変わったのか?

 

直筆の文を読んでみるとよくわかるだろう。

 

 

 

 

・カウンセリング前は自宅で過ごしていたのに、現在はパートの仕事に付き

 自分のしたい美容の専門学校に行くためのお金を溜めている。

 

人は、3か月でここまで変われるのだ!

 

良い症例だと思う。

 

 

 

彼女に施したものは、一貫して 幼少期のトラウマ解放と、プログラミングの書き換え

である。それはすべてヒプノセラピーを使用した。

 

脱洗脳と脱マインドコントロールの手法も使用した。

 

 

 

 

 

彼女は母親に連れてこられている

 

そして、催眠に期待感はまったくなかった。

 

そのような方でも結果を出すことが出来るのは、治療家として光栄である。

 

 

 

 

彼女は心療内科で臨床心理士のカウンセリングも受けているが、

話をするだけで何も変化がなかったと書いている。

 

傾聴のセラピーは私は大切だと思う。

 

共感・受容を通して

 

 

自分がどんな言葉・想いをカウンセラーに伝えても

 

カウンセラーが温かく迎え受け入れてくれるプロセスは

 

クライアントが常に持つ、"見捨てられ不安"を軽減する。

 

 

それだけではなく、カウンセラーに話しているうちに、混乱していた気持ちや感情

 

が整理され、新たな気付きをもたらし、セルフエフェカシー(自己肯定感)の向上にもつながる。

 

傾聴のメリットは計り知れないものである。

 

=============================================================== 

 

意識と無意識のラポールがとれていないから、クライアントは混乱している

 

すべては、意識と無意識のラポールがとれたとき、問題は解決するのである。

 

それが解消されれば、身体的セラピスト・心理的セラピストは必要ない。 

 

 

==============================================================

 

この名言は、精神科医で天才・催眠療法家のミルトン・H・エリクソンが残した名言だ。

 

 

傾聴で、意識を楽にして、催眠で、無意識と意識の脳梁をつなげ、バランスをとることこそ

もっとも重要なのである。

 

 

このことは、私のスクールでは、常に受講者に教えている概念だ。

 

 

傾聴+ヒプノセラピーの形が 私が学んだ中で

 

結果を出しやすい。

 

突破口がほしいのならば、プロの催眠療法士を尋ねて欲しい。

 

プロの催眠療法士とは・・・?

 

 

自分の無意識・潜在意識の中に答えはあるのだ。

 

 

よく頑張ったね。

 

これからも、セラピーを通して気づいた周囲への愛を

 

自分をそして、周りを大切に

 

生きていってください。