脱うつ・パニック卒業! 薬に頼らない【45日】ステップメール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

新刊 安西ひろこさん推薦

Be-B(和泉 容)さん 推薦

医学博士・医師 推薦  ロングセラー・ベストセラー

紀伊國屋書店さんにて 出版トークライブ講演会

yahooニュース掲載

【∇メディア掲載多数】

大分 カウンセリング 

あなたを癒す 心の治療家に出会う本/現代書林

全国の『心の治療家1O人の中のスペシャリスト 1人』として、当代表は選ばれています。

もういやだ! この疲れた心を休め、甦らせてくれる心の専門家/三楽舎

書籍「脱・引き寄せの 法則ワークブック」

大分 パニック障害

Amazon第1位(部門) べストセラー第1位達成

大分 カウンセリング
大分 カウンセリング

セラピー専門誌発行25年老舗有名雑誌で紹介

大分 心療内科 カウンセリング 催眠

【∇スクール最新情報】

◎2日間で2つの国際水準レベルの催眠療法士のプロ資格が取得できる!! 米国IHF(国際催眠連盟)/ITT0(国際セラピートレーニング協会)認定スクール校

【∇満員御礼!!】   ヒプノセラピーセミナー

【大分 EFTセミナー】

催眠療法の世界的権威 Dr.ニーヴス博士から直接、催眠療法・NLPの確かな知識・技術を学んでいます!!

催眠療法の世界的権威Dr.ニーヴス博士と当オフィス代表撮影
催眠療法の世界的権威Dr.ニーヴス博士と当オフィス代表撮影

セラピー本場イギリスの

最先端セラピーも受けられます!

マトリックス・リインプリンティング創始者のカール・ドーソン氏と撮影
マトリックス・リインプリンティング創始者のカール・ドーソン氏と撮影

【当サイトは優良サイトに認定されています】

大分 カウンセリング
大分 カウンセリング
大分 カウンセリング
大分 カウンセリング

来院される地域

大分 心療内科

大分 精神科

 

ヒプノセラピー 福岡

福岡 ヒプノセラピー

 

北九州 ヒプノセラピー

催眠療法 北九州

 

大分 ヒプノセラピー

ヒプノセラピー 大分

 

大分 催眠療法

催眠療法 大分

 

大分 催眠術

大分 催眠術セミナー

 

大分 願望実現セミナー

 

大分 カウンセリング

大分 マインドフルネス瞑想法

 

大分 アダルトチルドレン

 

大分 レイキ伝授

 

 

九州 ヒプノセラピースクール

 

大分 心理カウンセラー養成講座

大分 心理カウンセラー養成講座 

  

大分市 別府市 湯布院

臼杵 庄内 安心院 

宇目 湯布院 豊後高田

竹田 杵築 佐伯 宇佐

玖珠 日田 日出 蒲江

 

福岡 北九州

佐賀 宮崎

鹿児島 長崎

沖縄 熊本

愛媛 香川

山口 広島

岡山 兵庫

大阪 名古屋

東京 千葉 神奈川

富山 石川 岐阜

和歌山 京都 

北海道 釧路 札幌

仙台 埼玉

カウンセリング対応

 

パニック障害

不安 緊張 あがり症

赤面恐怖 恐怖症

対人恐怖 

過敏性腸症候群(IBS)

うつ病 トラウマ

PTSD

強迫性障害

セックスレス

心因性ED

アダルトチルドレン

性の問題

その他の心身の問題

 

 

良い催眠療法家の選び方

 

 

良いヒプノセラピストの見分け方

よいセラピストとダメなセラピストの違い

◎充分なヒプノセラピーの知識を持っていない

催眠療法は深い知識と技術が必要になります。人のもっとも深い潜在意識・無意識
(心の90%を占める)に働きかけるからです。通常の話をするカウンセリングとは違うのです。
しっかりと催眠の基本を押さえた上で、催眠療法を行う必要性があります。
本で学ぶだけでは難しい部分もあります。
生涯を通しセラピーを勉強し、最先端の知識と技術を学ぶ気持ちが必要です。
良く勉強しているセラピストをお勧めいたします。
 
◎自分の力を過信しずぎている

ヒプノセラピーがどこまでが適応範囲であるか?しっかりと精神医学に基づくノウハウを
持ち、セッションの区別をつけられる知識を持っている。
ヒプノセラピーは医療行為ではなく、代替医療行為であり、
西洋医学の医療行為とは違います。その違いをしっかりと認識して、説明できるセラピスト


◎クライアントを判断・先入観を持ってジャッジメントする

セラピストは常に中立の立場でセッションを行う必要があります。
相手を判断するということは、心理的な転移・投影を引き起こす恐れがあり、
心理学者のアーノルド・ミンデルは『セラピーはセラピスト側の人格・思考が多大な影響を及ぼす』
と述べています。


◎価値観を押し付ける

自分の考えている通りの反応をクライアントが示さないと質問攻めにして
セラピストの優位な方へと誘導したり、自分の生きてきた主観的な価値観を無理に
押し付けようとするセラピスト。

また、一つの方法論にこだわり、その療法の考え方から脱却できない
セラピスト たとえば、『このクライアントの場合は私の流派ではこのように
分析する・・・』と自分のものさしに相手を無理矢理当てはめようとするセラピスト

クライアントの価値観を認め、受け入れる
心の余裕と広さを持ったセラピストにかかりましょう。



◎高圧的・威圧的な態度でクライアントに接する


過剰に反応したり、心を傷つける言葉を吐いたりする感情を抑制できないセラピスト
ヒプノセラヒーは相手とのラポール(信頼関係)がセラピーの重要な部分を占めます。
優しく相手のこころの痛みの分かるセラピストを選んでください。




◎ヒプノセラピーは相手をコントロールするものだと思っている

たとえば、ヒプノセラピーは相手に指示して従わせたりしません。
「~しなさい!」、「~しないとこんなことが起こる」・・・クライアントを従わせるセラピー
ではありません。

ヒプノセラピーは自分自身の中にある無意識との領域との対話や癒しを通して
あなたの中に本来持っているリソース(資源)を最大限に生かし、自分で
しっかりと意志を持ち、潜在意識を生かす方法を学び
幸せへと向かう自立を支援するセラピーです。前に進むためのセラピーなのです。
自分自身の心と向き合う心理療法です。


◎潜在意識とつながることの重大性を認識してない

相手の心のもっとも深い潜在意識に対してワークする際に、必ず考慮しなければ
いけないインナーチャイルド・退行催眠等の退行を行う場合は、相手のトラウマ強化
してしまうこともあります。さらにその対処法をしらないで行っているセラピストは
退行催眠の応用知識・技術だけでなく、精神医学・脳科学などを学ぶ必要性があります。


◎クライアントのネガティブなエネルギーに感化される

クライアントに共感するのは良いのですが、セラピストがしっかりとバウンダリー
(境界域)を設定する必要があります。

◎自分自身が癒されていない

自分を愛せなければ、人を愛すことは出来ません。それはセラピーでも
同様です。自分が癒されてから、相手を癒す必要があります。