脱うつ・パニック卒業! 薬に頼らない【45日】ステップメール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

新刊 安西ひろこさん推薦

Be-B(和泉 容)さん 推薦

医学博士・医師 推薦   ロングセラー・ベストセラー

紀伊國屋書店さんにて 出版トークライブ講演会

yahooニュース掲載

【∇メディア掲載多数】

大分 カウンセリング 

あなたを癒す 心の治療家に出会う本/現代書林

全国の『心の治療家1O人の中のスペシャリスト 1人』として、当代表は選ばれています。

もういやだ! この疲れた心を休め、甦らせてくれる心の専門家/三楽舎

書籍「脱・引き寄せの 法則ワークブック」

大分 パニック障害

Amazon第1位(部門) べストセラー第1位達成

大分 カウンセリング
大分 カウンセリング

セラピー専門誌発行25年老舗有名雑誌で紹介

大分 心療内科 カウンセリング 催眠

【∇スクール最新情報】

◎2日間で2つの国際水準レベルの催眠療法士のプロ資格が取得できる!! 米国IHF(国際催眠連盟)/ITT0(国際セラピートレーニング協会)認定スクール校

【∇満員御礼!!】   ヒプノセラピーセミナー

【大分 EFTセミナー】

催眠療法の世界的権威 Dr.ニーヴス博士から直接、催眠療法・NLPの確かな知識・技術を学んでいます!!

催眠療法の世界的権威Dr.ニーヴス博士と当オフィス代表撮影
催眠療法の世界的権威Dr.ニーヴス博士と当オフィス代表撮影

セラピー本場イギリスの

最先端セラピーも受けられます!

マトリックス・リインプリンティング創始者のカール・ドーソン氏と撮影
マトリックス・リインプリンティング創始者のカール・ドーソン氏と撮影

【当サイトは優良サイトに認定されています】

大分 カウンセリング
大分 カウンセリング
大分 カウンセリング
大分 カウンセリング

来院される地域

大分 心療内科

大分 精神科

 

ヒプノセラピー 福岡

福岡 ヒプノセラピー

 

北九州 ヒプノセラピー

催眠療法 北九州

 

大分 ヒプノセラピー

ヒプノセラピー 大分

 

大分 催眠療法

催眠療法 大分

 

大分 催眠術

大分 催眠術セミナー

 

大分 願望実現セミナー

 

大分 カウンセリング

大分 マインドフルネス瞑想法

 

大分 アダルトチルドレン

 

大分 レイキ伝授

 

 

九州 ヒプノセラピースクール

 

大分 心理カウンセラー養成講座

大分 心理カウンセラー養成講座 

  

大分市 別府市 湯布院

臼杵 庄内 安心院 

宇目 湯布院 豊後高田

竹田 杵築 佐伯 宇佐

玖珠 日田 日出 蒲江

 

福岡 北九州

佐賀 宮崎

鹿児島 長崎

沖縄 熊本

愛媛 香川

山口 広島

岡山 兵庫

大阪 名古屋

東京 千葉 神奈川

富山 石川 岐阜

和歌山 京都 

北海道 釧路 札幌

仙台 埼玉

カウンセリング対応

 

パニック障害

不安 緊張 あがり症

赤面恐怖 恐怖症

対人恐怖 

過敏性腸症候群(IBS)

うつ病 トラウマ

PTSD

強迫性障害

セックスレス

心因性ED

アダルトチルドレン

性の問題

その他の心身の問題

 

 

男性性と女性性の違いから見るカウンセリング

どうしてなかなか男性はカウンセリングに来ないのか?

 

私のオフィスは大分市にあるカウンセリングオフィスですが、

 

来られるクライアントの層というものがあります。

 

 

対比は女性:男性=80:20という比率になります。

 

 

なぜ男性はカウンセリングに来ないのか?

 

仕事が忙しい?

 

時間が取れない?

 

経済的な面?

 

ひとまとめには出来ませんが、

 

 

男性は、幼少期に親から

 

 

 

 

『 男の子は強くなくてはならない 』

 

『 男は弱みを見せてはいけない 』

 

 

『 男はいろいろとしゃべらずに無口が良い 』

 

『男が自分の弱点を他人に話すのは、みっともないことだ』

 

 

『男は肉体的・精神的に疲弊して無理でも、頑張って家族を支えなくてはならない』

 

『男は常に戦い、勝ち残っていかなければいけない』

 

『競争社会(生き残り)に負けてしまうと、男としての存在価値がなくなる』

 

 

 

このような無意識レベルの内部情報の書き換えが

 

潜在意識レベルで行われており

 

 

現在までその信念体系(思い込み)を持っていることが

 

ひとつの大きな原因なのです。

 

 

 

 

 

女性はコミュニティーを形成して、家族を守るという

女性性があり、感情的にカウンセリングを受けること

に比較的、抵抗はないように思えます。

 

 

ヒーリング・セラピー・マッサージ・整体・占いという分野は

 

ほとんど女性が占めているのが証拠です。

 

 

私が男性のクライアントとカウンセリング

 

をするときは、カウンセリングをする前に

 

すでにある程度分かっていることがあるのです。

 

 

それは、かなり症状なり、悩みが極限の域まで

 

達しているケースで来院される方が多いという真実です。

 

 

 

今まで70歳までの方を男性のセッションさせていただいて

きましたが、

 

私は女性のカウンセリングを行う時以上に

 

男性のクライアントさんの心理的な現状や切羽詰まった状態を

 

共感して、相手の立場に立った最善のカウンセリングを行う

 

ように心がけているのです。

 

 

奥さんや彼女・知人に言われて仕方なく、来られる方も中にはいます。

 

それまで、行動できない。

 

 

 

つまり、『〜してはいけない』という

 

スットパー的なビリーフ(親からの影響による信念体系)が入っているのです。

 

 

いつも思うのは、

 

 

カウンセリングを受けることは=弱いこと

 

 

では決してないということです。

 

 

自分の弱さを知っているだけでも強いのだということに

 

気付いてあげてください。

 

 

どうか、辛くなる前にカウンセリングを利用して下さいね。